TOP
47.22score

tonson

真夏のUVカット・日焼け対策!!!

四季がある日本では夏になると急に日差しが強くて肌が真夏に慣れていない人の肌は日焼けしやすくて毎年困ってしまいます。

[基本的な日焼けの予防法]
・日傘をさす
日傘をさすことでUVカットになるし暑さもしのげます。以外にも傘選びは一般的には暑さを集めるから避けられている黒がUVカットに一番効きます。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

・日焼け止めクリームを塗る
日焼け止めクリームを塗ることで肌荒れやUVカットの効果を期待できます。注意点として塗りすぎは強い匂いを発しますので注意してください。また、化粧品を塗ることは逆効果で日差しを集めてしまうことがあります。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

・濡れた肌はすぐに乾かす
あまり知られていませんが濡れた肌を露出することで太陽からの光を集めてしまい肌にダメージを与えてしまいます。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

・サングラスを使う
UVカット加工されているサングラスを活用することで目にくる紫外線の約90%を防げます。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

・帽子をかぶったり、腕に日焼け対策の商品を巻く
帽子をかぶることで頭皮や顔へのダメージや暑さを防ぐことができます。また、腕に巻く日焼け止めの商品を活用することで腕の日焼けを防ぎます。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

・外出時間を選ぶ
UVの約60%強が10時から15時の間にでるので、その間の外出を避けることが大事です。また、日陰では約50%の紫外線を防ぐことができます。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

・素材選びを工夫する
日焼け対策の商品の素材はポリエステルやウールがおすすめです。また、生地は薄手よりも厚手方が紫外線を防ぎます。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

・食事管理を心がける
-ビタミンC(コラーゲン合成の促進作用がある)
-β-カロテン(代謝された分のビタミンA(ガンの抑制や免疫効果)になってくれたり活性酸素を抑える)
-ビタミンB2(皮膚の新陳代謝を高る)
-亜鉛(足りないと紫外線の抵抗力が弱くなる)
-アミノ酸(シミの抑制効果)

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

とことん日焼けしたくないあなたはこちら。 [PR]

.

最終更新日:2014-11-05 12:46

シェア本文内に広告が入る場合があります。不要な場合は削除して下さい。

コメント (0)